LA SIESTE

2015年1月7日水曜日

New Year's Card

更新





 今年の年賀状の伯爵です。
手作業で貼り付け、シールつき年賀状でした。





さて、
新年明けてさっそく、新しく買った「そり」を持って、
雪山まで遊びに行ってきました!!

まるで、トロールでも出てきそうな雪の山道です…。


公園から、山へ入っていく登山道があるのですが、

夏などは「熊出没注意!」の看板があるため、
熊と出会うのがが恐くって…登れません。

しかし、今は冬眠中(たぶんね…!)で、

いつもは草木や根に覆われて、けわしい道も、
登山道に雪のカバーがかかっているため、
登っていくことができました。



ものすごい白樺林ですよね!
白一色です…!


登っていると、
どこからともなく、

 コンコンコン!  コンコンコン!


という音が聞こえてきました。
「何の音だろう?」と見回してみると…、




なんと、きつつき です!!

かなり近くで、木の幹をつつきまくってました。

身体は黒、頭の上だけ鮮やかな赤です。
「クマゲラ」でしょうか?

こんな真冬に、冬眠せずに活動してるんですね…~!





ちょっと不思議な木を発見したので、撮りました。





雪の丘を登ったところに、
なぜか、一本だけヤドリギが集中している木がありました。

他の木にはヤドリギはありません。
なぜか、
この木にだけ、集中してる。
不思議です…!

何か、生き物の気配がしますね…!

ほかにも、まるで鳥かごのように、
枯れたナナカマドの枝が絡まって、他の木に張り付いている場所があって、
「何だか家みたい」思ったら、
やっぱり中にいろんな小鳥がちらちらと動いていました。



そういえば、以前
「呪い」について日記に書きましたが。皆さん、覚えているでしょうか?

呪いを解く方法に 「川をわたる」 というものがあるそうなのですが、
他にも
「木に触れる」という方法もあるそうなんです。

「呪い」ってなんぞや?
ってことを、辞書で調べてみたのですが、
「のろい」は、
「呪」という字の他にも「詛」とも書くそうなんですが、
これって、よく見ると、両方とも「口へん」「言へん」など
言葉にかかわるへんがついてますよね?

ということは、「のろい」とは、言葉と密接にかかわっているものであり、
(西洋で言う召喚術のことを日本で口寄せと言ったりするのを聞くけど、
これも言葉には力があるという考えからきているのかな?)
つまり、
「のろい」とは
「人間社会の中で、言葉によって受けるさまざまなストレスのこと」
と解釈することもできるんじゃないかと思います。

それで、
「川をわたる」ことや、「木に触れる」ことって、
人間社会からはなれて、自然に囲まれた場所へ行くことだから、

人間だけの社会から離れて、
自然の中に身を置くことが、一番、リラックスする良い方法だよ!
ってことなんじゃないかと…思います…!!


実際、
以前は座っていてもすぐにオンラインゲームをはじめたり
冷蔵庫を開けたりしていたのに、
ひんぱんに森や山、水辺に行くようになってから、
集中力が増して、長くひとつの作業ができるようになった気がしています。

よく考えたら、パソコンって
元はすべて言語プログラムなわけだから、
じ~っ、と画面を見ていて知らず知らずに受けるストレスは
かなりのもんなんじゃないかと……!



家に帰ってきたあとも、
身体が何ともいえないいい気持ちで、
長く歩いたのに街の中を歩いた後のような疲れもないので、
山って何か、良い「波動」? のよーなものが出てるんじゃないかなあ
って気がしますね
(これをα派というのか…?)

とくに身体の芯まで冷え切った感じが
またなんともいえなスッキリした感じで…、



しかし、「そり」は坂道でスピードがですぎるため、
スキー学習中の小学生を引いたら大変なので結局、
そりを持ったまま、歩いて降りたという……(汗)…





きつつきの写真を仙人と一緒に「少とちゅ」の方のサイトにも
載っけようと思うんですが
メカ馬の下描きを先に最後までやってしまうよ!

たぶん、仙人の家は
きつつきの穴だらけだろうと思ったりした翠の日記でした。















4 件のコメント:

  1. このブログで意味がわかると怖い話の
    「くちゃにー」というセリフを思い出しました。
    口に兄と書いて呪。
    それをいじめてくる五人組に毎度言ってたらしいですね。やめて、と言わず。

    確かに呪いの元は人の言葉なのかもしれませんね。

    返信削除
    返信
    1. 城崎さん>
      それは、まさに「言霊」というものですね…!怖いですね!

      この「呪」…、「じゅ」という言葉なのですが、
      悪い意味だけではなく、
      「呪文」という言葉もあるように、
      「おまじない」全体を意味する言葉でもあるのではないかと思うんですよ!

      「ヤマタイカ」という漫画だったと思うのですが、
      「祝詞(のりと)」と「呪詞(のりと)」は表裏一体という記述があったり、
      あとは、陰陽道の研究者である夢枕獏さんも
      物を買って自分のものにすることを一種の「呪」と言っておりました…!

      「祝い」も言葉だし、
      買ったシャープペンに自分の名前を書くことも言葉だから、
      日本において、
      「呪文」とは「言葉」と切っても切り離せない深い関係にあるのでしょう!

      ちなみに、「魔法」という意味は、
      西洋(英語)と日本語(漢字)では、まったく逆の意味になるんですよ…!
      辞書で調べてびっくりしました!

      今度、機会があったら、こちらついても書いてみようと思います^^

      削除
  2. ストレスは過度であっても全くなくても悪影響らしいですね。
    そこから、「呪い」はストレスの調整でスカッとするのでしょうかね。

    返信削除
    返信
    1. Ryoto さん>
      こないだ家族から血圧の変化の話を聞いたのですが、
      ストレスを感じながら計ると、やっぱり高いらしいんですよ…!
      ストレス解消で全部スカッ!としたら良いですよね^^!
      呪術の専門家に聞いたら「どうかな」って言われるかもしれないんですけど…^^!

      ちなみにパソコンは、見覚えのないソフトをハードディスクから削除したら
      呪いがなおったりします(^^)…!

      削除

こびとのちいさなみせMagasin Lilli